グリーンファイナンス グリーンファイナンス

本投資法人は、サステナビリティに関する取組みをより一層推進するとともに、環境問題の解決に資する投資への資金調達(グリーンファイナンス)を通じて、持続可能な環境・社会の実現に貢献するため、またサステナビリティ投資に関心を持つ投資家層の拡大を通じた資金調達基盤の強化を目指しています。

PDF

グリーンファイナンス・フレームワーク

グリーンボンドの発行を含むグリーンファイナンスの実施を目的として、グリーンファイナンス・フレームワークを以下のとおり制定しています。

PDF

調達資金の使途

グリーンファイナンスで調達された資金(以下「調達資金」といいます。)は、以下のグリーン適格クライテリア①を満たす資産(以下「グリーンビルディング」といいます。)の取得資金、以下のグリーン適格クライテリア②を満たす改修工事等(以下「改修工事等」といいます。)の資金、又はそれらに要した借入金もしくは投資法人債のリファイナンス(以下「借入金等のリファイナンス」といいます。)に充当します。

PDF

グリーン適格クライテリア

①グリーンビルディング

以下の(i)から(iii)の第三者認証機関の環境認証のいずれかについて、グリーンボンドの払込期日時点もしくはグリーンローンの借入実行日時点で有効な認証を取得済み又は今後取得予定の建築物
(i) DBJ Green Building認証:5つ星、4つ星又は3つ星
(ii) CASBEE評価認証(自治体版CASBEE除く):Sランク、Aランク又はB+ランク
(iii) BELS評価:
[取得済(2016年度基準)]
5つ星、4つ星又は3つ星(既存不適格は除く)
[新規取得(2024年4月1日以降)]
再エネ設備がない住宅:レベル4及びレベル3
再エネ設備がある住宅:レベル6、レベル5、レベル4及びレベル3
非住宅:レベル6、レベル5及びレベル4

PDF

②改修工事等

以下の(i)から(iii)のいずれかを満たす改修工事等
(i) グリーン適格クライテリア①の認証のいずれかについて星の数又はランクの1段階以上の改善を意図した改修工事
(ii) エネルギー使用量及び温室効果ガス排出量のいずれかを30%以上削減することが可能な改修工事
(iii) 再生可能エネルギーに関連する設備の導入又は取得

PDF

プロジェクトの評価及び選定のプロセス

調達資金の使途となるプロジェクトについては、サステナビリティ方針及び推進体制規程に基づき、本資産運用会社においてサステナビリティ推進事務局がグリーン適格クライテリアへの適合性を検証・評価します。当該検証・評価をもとに、本資産運用会社の社内規程の定めに従って取締役会等によりグリーンファイナンスの実施を決議します。

PDF

調達資金の管理

調達資金は、グリーンビルディングの取得、改修工事等の実施、又はそれらに要した借入金等のリファイナンスに紐づいていることを本資産運用会社が確認の上、速やかに充当します。
未充当資金が生じた場合には、調達資金は現金又は現金同等物にて本資産運用会社が管理します。全額充当後も、対象の投資法人債の償還又は借入金の返済までに、資金使途となっていた資産が売却又は毀損等により資金使途の対象から外れる場合、一時的に発生する未充当資金はポートフォリオ管理(注)にて管理します。

(注)「ポートフォリオ管理」とは、決算期毎にグリーンファイナンス残高の合計額が、グリーン適格負債上限額(グリーンビルディングの取得価額の合計額×総資産LTV(期末時点)+改修工事等に充当した金額の合計額)を超えないことを確認する管理方法です。

PDF

レポーティング

①資金充当状況に係るレポーティング

(注)グリーンボンドの詳細については、「こちら(投資法人債)」をご参照ください。

PDF

②環境改善効果等に係るレポーティング

グリーンファイナンスの残高が存在する限り、合理的に実行可能な範囲で、以下の内容の環境改善への効果を本投資法人のウェブサイト上に年次で開示します。

(i) グリーンビルディングに係るレポーティング

  (注)グリーンビルディングの状況については、「こちら(外部認証・評価)」のページをご参照ください。

PDF

  (注)環境パフォーマンス実績については、「こちら(環境課題への取組み)」のページをご参照ください。

PDF

(ii) 改修工事等に係るレポーティング
  該当する改修工事はありません。

PDF

外部機関の評価

本投資法人は、本フレームワークにかかる第三者評価として、株式会社日本格付研究所(JCR)より「JCR グリーンファイナンス・フレームワーク評価」の最上位評価である「Green 1(F)」を取得しています。

JCR グリーンファイナンス・フレームワーク評価については、こちらをご参照ください。

PDF

2024年1月31日現在

適格クライテリア①の取得価格の総額(A) 50,233百万円
LTV(B) 49.8%
適格クライテリア②を満たす設備等改修工事の総額(C) -
グリーン適格負債上限額(A×B+C) 25,016百万円
グリーンファイナンスによる調達資金残高 5,000百万円

2024年1月31日現在

調達残高(百万円) 未充当額(百万円)
グリーンボンド 1,400 -
グリーンローン 2,300 -
合計 3,700 -